厚生労働省の「人材開発支援助成金」の活用により研修にかかる経費を大幅削減することが可能です。

どんな助成金なの?


「人材開発支援助成金」は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練の段階的・体系的な実施や人材育成制度を導入し、労働者に適用させた事業主等に対して助成する制度です。そのうち、特に「非正規雇用」のスタッフを対象にした職業能力開発についての計画に基づいて、訓練を行った事業主に対して、訓練経費と訓練期間中に支払った賃金の一部が助成される「有期実習型訓練」に当講座は完全準拠しています。

 

どんな企業でも対象になる?

企業の業種・規模は問わず、雇用保険適用事業所である他に一定の要件があります。また、組合等事業主団体等も対象となります。詳しくは、厚生労働省のパンフレット等をご覧いただくか、お近くの労働局・ハローワークにお問合せください。

 

 

助成金を利用した研修の流れ

(1)研修の相談・お申込み
貴社ニーズに合わせて最適な研修をお選びください。
申請に必要なカリキュラムと日程表をSMKより発行いたします。

(2)訓練計画の作成・提出
所定の書類を貴社より労働局に提出します。 研修実施日の前日から起算して1か月前までにご提出ください。

(3)申請の認定
2.の申請書類により、審査が行われます。通常、問題がなきようでしたら認定されます。

(4)研修の実施
訓練計画で提出したカリキュラムに沿い、研修を受講していただきます。

(5)支給申請書の提出
研修終了後2か月以内に所定の書類を貴社より労働局に提出します。

(6)助成金の受給
労働局での支給審査を経て、助成金が支給されます。

よくあるご質問
 
Q1. この助成金には、業種による制限はありますか?

A1. ありません。雇用保険適用事業所である等の要件を満たしていればどの業種の企業様でも対象となります。

Q2. 助成金を使ってどのような内容の研修が受けられますか?

A2. SMKで提供する全てのコースの研修が対象となります。
〇 広報担当者養成コース
〇 営業担当者養成コース
〇 Web担当者養成コース

Q3. 1名でも研修を受けられますか?

A3. はい。この助成金は、1名でも複数名でも申請することが可能です。複数名同時受講の場合は、貴社を会場とした出張型にて実施することも可能です。

Q4. 通信教育でも助成金は支給されますか?

A4. 通信は助成金の対象となりません。

Q5. SMKで申請代行を行ってくれますか?

A5. 当社では、申請代行は承っておりませんが、申請に必要なカリキュラム・日程表の作成の他、アドバイスを行うことはできます。当社の社会保険労務士に直接お訊ねいただくことも可能です。申請は自社内で、もしくは社会保険労務士に代行をご依頼ください。